不用品回収 エコの杜

仙台市の粗大ごみの捨て方、不用品回収について

仙台市の粗大ごみの捨て方、不用品回収について

自治体によって不用品の回収方法や、粗大ごみの処分の仕方がきめられています。ごみの出し方のルールに沿ってきちんと出しましょう。
燃えるごみや不燃ごみは捨て方を知っていても、家庭の粗大ごみの処分方法は知らないという方が多くいらっしゃいます。仙台市で決められた粗大ごみや処分の仕方、処理にかかる手数料、リサイクル家電の回収など、不用品の処分についてご紹介します。

仙台市の粗大ごみの種類

粗大ごみの種類

仙台市では「一番長い部分の長さがおおむね30cmを超え、重さが100kg以下の耐久消費財」などが粗大ごみとされています。

テレビや冷蔵庫など、市で回収しないものもあります。主に以下のものになります。

  • 家庭で使用しているパソコン(デスクトップ本体、ノートブックパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ)
  • 家電4品目(エアコン、テレビ(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)

上記のもの以外で回収してもらえる代表的なものは以下になります。

家電
照明器具、電子レンジ、食洗器、こたつ、空気清浄器、プリンター、電気ストーブ、ほか
家具
タンス、テレビ台、テーブル、いす、パソコンラック、布団、ベビーカー、ほか
趣味・楽器
ゲーム機、ギター、ドラム、スポーツ用品、釣り具、スキー用具、骨董品、ほか

仙台市の粗大ごみの処分の方法

仙台市の粗大ごみの品目を確認

一般財団法人家電製品協会HPで対象製品か詳しく確認できます。エアコンの場合は壁掛け形のセパレート形や床置き形のものなどが対象となります。天井埋め込み形のものや、業務用エアコンは対象外になります。

テレビの場合はブラウン管式と液晶・プラズマ式テレビが対象になりますが、パソコン用ディスプレイや車載用液晶テレビは対象外です。

冷蔵庫はワイン庫、保温庫やチェスト形も対象となります。業務用保冷庫や冷凍ストッカーなどは対象外です。

洗濯機は全自動洗濯機、2槽式洗濯機、衣類乾燥機が対象になります。また商品同梱の付属品(洗濯カゴ等)なども含みます。布団乾燥機や業務用の洗濯機は対象外です。

一般財団法人家電製品協会 https://www.kaiketsukr.com/learnmore/

家電4品目

対象となる廃棄物は、下記の「家電4品目」と呼ばれるものです。製造メーカーによって処分に必要となるリサイクル料金が異なるので、製造メーカー名を確認しておきましょう。

対象となる「家電4品目」(いずれも家庭用機器のみ)

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

仙台市の不用品の回収方法を確認

新しい製品に買い替える場合

新しい製品を購入する場合と、使わなくなった製品をご自分で指定引取場所へ持っていく場合とでは手順が異なります。あらかじめ確認しておきましょう。
買い換える場合はお店に引取りを依頼しましょう。お店ごとで引取り方法が異なるため、お店にお問合せください。

不用品の処分のみの場合

処分する製品を購入したお店に引取りを依頼しましょう。お店ごとで引取り方法が異なるため、お店にお問合せください。
購入したお店がどこであったか分からない場合などは、お住いの市の案内する方法によって処分します。市区町村ごとで方法が異なりますので、仙台市のホームページ等で確認しましょう。粗大ごみの出し方 仙台市 http://www.city.sendai.jp/haiki-kanri/kurashi/machi/genryo/gomi/wakekata/sodaigomi.html

また、上記のほかにも、郵便局振込方式で料金を支払い、指定引取場所に直接持ち込む方法などもあります。

回収してもらう

家電リサイクル券

引取りを依頼した場合、指定された回収日時に回収業者(引取りを行うお店やその委託を受けた事業者など)が訪問します。回収してもらうには「家電リサイクル券」に必要事項を記入しなければなりません(回収時、または店頭での記入)。
回収業者への引渡し時に、家電リサイクル券の控えを渡されます。この控えを用いて、お店や家電リサイクル券センターのホームページでリサイクル状況を確認することができます。

リサイクル料金の一覧

エアコン 972円~
テレビ ブラウン管15型以下 1,296円~
ブラウン管16型以上 2,376円~
液晶・プラズマ15型以下 1,836円~
液晶・プラズマ16型以上 2,916円~
冷蔵庫・冷凍庫 170L以下 3,672円~
171L以上 4,644円~
洗濯機・衣類乾燥機 2,484円~

※料金は品目とメーカー名(製造業者名)でリサイクル料金が異なりますので該当のメーカー名を検索し手続きをして下さい。再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター

家電リサイクル法とは?

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。